2019/09/12 14:02

一般的にキムチとは「辛い」「すっぱい」というイメージが強いですよね?  でも、出来立てのキムチは酸味がほど良く「旨み」と「辛さ」がメインなのです!

「すっぱいキムチ」というイメージは発酵が進んで、熟成しきったキムチからきたイメージだと思われます。 これは主に輸入物のキムチからきたイメージなのでしょう。 韓国などから輸入されたキムチは製造されてから船などで日本へ送られて、スーパーや食料品店などに並ぶまでに長い道のりを経て皆様の食卓へ届けられます。
キムチは製造後に、上記のような発酵・熟成期間を経ることで味に大きな変化が生じます。

好みによる個人差はありますがご自宅にキムチが届いてから、大体1週間前後が「一番おいしい」というお客様の声が多いようですね!

今までは苦手だった方が、お友達からお裾分けされた当店のキムチを食べて「すっぱくなくておいしい! ピリッと辛くてご飯にあうね」とキムチの大ファンになってしまったというエピソードも届いております。
もちろん乳酸発酵が進んだキムチも酸っぱくて味わい深いので一度は食べて頂きたいですね!

当店の「キムチ便」は、製造所から出来立てのキムチをお客様に直送いたしますので 一番おいしい時期のキムチをお客様のお好みでお楽しみいただけます!

弊社で製造しているキムチは大きく分けて2種類あります。
塩漬けした白菜をしっかり重しをかけ水分を抜いてから独自のヤンニョム(キムチの素)と混ぜ合わせた「本漬けタイプ」と、浅く塩漬けした白菜をキムチ液と混ぜた「浅漬け(和風・サラダ)タイプ」とに分かれます。
浅漬けタイプのキムチはさっぱりとした味とシャキシャキの心地よい歯ごたえで大変人気のある商品ですが、キムチ本来の「乳酸発酵」による保存性向上機能はありません。
水分を多く含んでいるため長期保存には向かないのです。炒めものなどの調理にも残念ながら向きません…
ですが、辛さも控えめでお子様やお爺ちゃんお婆ちゃんもみんなで食べて頂けるサラダ感覚の浅漬けキムチは食卓の人気者です!

お客様の好みや家族構成、キムチを使った料理を作りたい!などの様々なシーンに合わせて上手に「おいしいキムチ」を楽しんで下さい!